保険会社 口コミ 人気 ランキング

厳選!保険会社のランキング


保険ランキング一位

ソニー生命
今回一位になったのはソニー生命です!ソニー生命というと対面販売の保険会社とか学資保険のイメージがあります。最近は学資プランという米ドル建て養老保険を使ったユニークな商品を販売しています。今回は(当サイトの)人気度とソルベンシー・マージン比率がかなり良かったのでトップになりました。前の総合ランキングは6位でした。

保険会社ランクキング項目1ソルベンシー・マージン比率:3,863.6%

保険会社ランクキング項目2保険料等収入:約231億円

保険会社ランクキング項目3人気(アクセス数):評点29

保険会社ランクキング順位総合ランキング:4位


桃二連矢印 ソニー生命の保険・口コミはこちら


 


保険ランキング二位

メディケア生命
メディケア生命の口コミ載せてます!平成21年設立の、凄く新しい保険会社です。最初は医療保険三種類の商品だけだったのが、最近では定期保険や収入保障保険も含めて、保険商品が増えました。販路を通販・金融機関・保険ショップに絞りコストを極力抑えているのが人気の秘密だと思います。

保険会社ランクキング項目1ソルベンシー・マージン比率:3,863.6%

保険会社ランクキング項目2保険料等収入:約231億円

保険会社ランクキング項目3人気(アクセス数):評点29

保険会社ランクキング順位総合ランキング:4位


桃二連矢印 メディケア生命の保険・口コミはこちら


 


保険ランキング三位

ジブラルタ生命
ジブラルタ生命はプルデンシャル生命と兄弟会社ですが、前にAIG系の外資保険会社二社を吸収合併した勢いもあって、プルデンシャル生命より知名度が大きいような気がします。また、以前は教員主体だったのが一般個人に販路を拡大していることも一位になった要因ではないでしょうか。口コミもあります。 

保険会社ランクキング項目1ソルベンシー・マージン比率:890.0%

保険会社ランクキング項目2保険料等収入:約1兆2,348億円

保険会社ランクキング項目3人気(アクセス数):評点30

保険会社ランクキング順位総合ランキング:3位


桃二連矢印 ジブラルタ生命の保険・口コミはこちら


 


保険ランキング四位

第一生命
日本四大生保の一角です。ちょっと前に第一生命と第一フロンティア生命(当時の第一生命の子会社)との売り上げの合算日本生命の売上を抜いた!ので、子会社も一緒に有名になったと思います。今の第一生命はは子会社と合算しても、本気を出した日本生命よりかなり低い売上ですが、人気は上々のようです。

保険会社ランクキング項目1ソルベンシー・マージン比率:900.8%

保険会社ランクキング項目2保険料等収入:約2兆8,666億円

保険会社ランクキング項目3人気(アクセス数):評点27

保険会社ランクキング順位総合ランキング:1位


桃二連矢印 第一生命の保険・口コミはこちら


 


保険ランキング五位

かんぽ生命
かんぽ生命の人気度は真ん中よりちょっと下あたりですが、保険料等収入(普通の会社で言う「売上高」)が、平成27年度に民営化以来初めて日本生命に抜かれたにもかかわらず五兆円台という凄さであること、ソルベンシー・マージン比率が意外に高いことが功を奏して、総合二位になりました。

保険会社ランクキング項目1ソルベンシー・マージン比率:1,568.1%

保険会社ランクキング項目2保険料等収入:約5兆4,138億円

保険会社ランクキング項目3人気(アクセス数):評点14位

保険会社ランクキング順位総合ランキング:2位


桃二連矢印 かんぽ生命の保険・口コミはこちら


 


ほけん その保険でいいですか?高くないですか?

あなたに合う保険を、専門家がアドバイス!

専門家の保険相談は何度でも無料

朱二重矢印ほけんの窓口


保険会社ランキング27社

チェックしてよ 保険会社の口コミだけを集めたサイトだと飽きてしまいそうなので、サイトに集まったアクセス数を元に、保険会社の人気ランキングを作ったのですが
ランキング比較項目がアクセス数一項目だけでは飽きるしイマイチ怪しい。という悲しい指摘を受けて

保険会社ランキング項目保険会社の安心度:ソルベンシー・マージン比率

保険会社ランキング項目保険会社の売上:保険料等収入

保険会社ランキング項目保険会社の人気度:アクセス数


この三項目でランキングを再作成しました!
ランキング上位が良い保険会社であるということはなく、また、ランキング下位でも気にすることはありません。生保会社を知りたいとか保険会社を選ぶときの、ちょっとした参考程度にして頂ければと思います。

桃二連矢印 保険会社ランキング27社を見る


良い保険・悪い保険

沢山の保険商品がありますが、悪い保険に出会わない方法を、あなたは知ってますか?
実は、保険商品に悪い保険というのはそんなになくて、各社良い特徴を出しているのです。
悪い点があるとすれば、保険の選び方と、死亡保険金や給付金の設定であることが多いのです。

死亡保険を例にすれば
あなたの死亡保険は
青丸保険料が意味無く高い保険を選んでいないですか?
青丸あなたの死後、子供が全員大学を卒業できる保険金設定ですか?
青丸死亡保険金の設定方法を満たしていますか?
簡単に書くと、高い保険料を払っているのに、あなたの死後遺された家族の助けにならない保険だったら最悪ですよね?逆に安い・遺族が満足に生活できる保険なら最良です。
他にもいろいろいありますが、良い・悪い保険について書いてみました、あなたの保険の参考にしてみたください。

桃二連矢印 良い保険・悪い保険 を見る


保険無料相談ランキングベスト4!

赤おすすめ 保険のカタログを何冊も取り寄せて、保険の特徴を研究して、必要な保障を考えて、毎月払える保険料を考えながら保障額を設定する・・・
こんな保険選びはとても大変で、更新が間近に迫っているときの保険選びは凄い重圧ですよね。あなたは大丈夫ですか?

このようにとても大変な保険選びが、に、短時間で、しかも納得できる内容で解決したら嬉しいですよね。
そんな早い・簡単・納得 の保険選びを実現できる保険のプロの無料相談を紹介します。

桃二連矢印 保険無料相談ランキングベスト4!


当サイトについて

桜桜 生保会社のランキングサイトを作ってみて思うのは、人気がある、知名度がある、ということと、生保会社の評価(口コミ)は無関係に近いと言うことでしょうか。

実際、TVCMを大量に流している有名保険会社が実は赤字ぎりぎりだったり
聞いたことも無いような保険会社が実は財閥系の大きな後ろ盾に支えられた生保会社だったり。
などなど、保険会社の中身というのは人気とも知名度ともかけ離れたところにあります。

生保の経営状態の善し悪しにかかわらず、近年の保険会社はバブル時代の末期のように簡単に破綻する可能性はなくなったようです。
とすれば、生命保険会社を選ぶときランキング以外に他人の評価もの参考にすべきかもしれません。
そこでれぞれの保険会社ページで生保会社について口コミ集めをしてみました。また、保険商品の解説もしているのがこのサイトです。

三項目の比較ランキング

桃笑顔 小難しいことばかり書きましたが、最終的に何を言いたいかというと、数字を追うのも面白いかもしれませんが、実際に多くの人が支持する保険会社は、生保会社の成績に比例する物ではありません。
このサイトでは小難しい数値はそんなに考えずに保険会社の人気度とちょっとした数字でを比較・ランキングしてみたいと思っていたのです。

知人のツッコミ
そしたら知人に「アクセス数なんて怪しい」とか「比較項目を複数揃えないランキングなんてナイよね?」みたいなことを言われ
「比較項目増やしなよ」とか「売上とか安全度みたいな数値が欲しいよね」と、やんわり比較項目を増やすよう指摘される始末ですよ。

今までの自分、甘かったです。

ということで
ソルベンシー・マージン比率、保険料等収入、頑固にアクセス数も入れた三項目で生険会社ランキングを再作成しました。

花ほけん花ほけん 万一の時、家族に役立つ保障にしたい

難しい保険も、専門家のアドバイスで解決

保険の専門家の相談は何度でも無料

朱二重矢印ほけんの窓口

保険会社ランキング・比較項目の解説

比較項目に使った数値の解説です。

アクセス数だけでは比較要素が少ないので、ソルベンシー・マージン比率と保険料等収入の二項目を加えて、三項目での比較・ランキングにステップアップしましたので、このサイトのランキングで用いられる数字をちょっと解説しておきましょう。

保険会社の数値を解説

青インフォ中 ソルベンシー・マージン比率
あなたが、あなた自身のために、あるいは愛する家族のために生保商品を選ぶとき、保障内容や保険料も大切でしょう。
ですが、その保険商品の保障が必要な事態になったとき、保険金や給付金をかっちり支払える会社であるかどうかも大切なことではないかと思います。それがソルベンシー・マージン比率です。

一言で言うなら、保険会社の安心度とか生保会社や損保会社の健全性を示す指標でして、大災害が起きたとか経済が大混乱に陥ったときでも、しっかり保険金を支払うことが出来るかどうかの、生保会社の余力を表現した数値でもあります。

健全なら大災害が起きても支払える
良くない例えかもしれませんが、大災害が起きてたくさんの方がお亡くなりになったときでも、迅速に払い漏れなどなく保険金を支払う義務が生保会社にはあるのです。これって当たり前の話ですが、この当たり前のことさえ出来ないと予測される生保会社は、金融庁から指導が入ります。
このソルベンシー・マージン比率が200%を切ると金融庁から「早く健全性を回復してください」と言われてしまうのです。

内緒のネタばらし
ちなみに最近のソルベンシー・マージン比率を見ると、一世紀以上経営しているような日本の生命保険会社よりも最近出来た保険会社が、この数値が高いのですが、最近出来ただけに新しい生保会社の保険金支払額が大手より少なかったことも原因しているようです。一世紀以上続いている日本の生保は新規生保より巨額の保険金を出したのに、経営が傾いたという話さえ聞きません。
比較項目に採用しておきながら変なこと書きますがソルベンシー・マージン比率はさほど当てにならない数値かもしれないということです。

青インフォ中 保険料等収入
なんか小難しい言葉ですが、保険料等収入は保険の契約者から集めた保険料の、一年間の金額の合計額になります。よくある会社の「売上高」です。
平成28年度はかんぽ生命が約5兆418億円を売り上げて日本一。
ちなみに前年度日本一は日本生命ですが、平成28年度の保険料等収入は約4兆6,473億円で日本で二番目になりました。しかも前年度比で23%も保険料等収入を落としているという、かなり極端な売上減になっています。

青インフォ中 人気(アクセス数)
一番怪しい比較項目と指摘されたにもかかわらず、頑固に残した項目です。
評点は掲載した27の保険会社について、アクセスが一番多い会社が30点 〜 一番少ない生保会社が4点ででランク付けしています。

何で27社なのに最高点数が27点じゃないの?という疑問がありますよね?
将来30社掲載に増やせればいいなぁ。と思ったので最高点数を30点にしたのです。


ほけん わかりやすいアドバイスで保険料節約

保険の相談は何度でも無料です!

朱二重矢印ほけんの窓口



保険のランキングについて

保険(商品)のランキングを作ろう

知人に保険会社ランキングの欠点をツッ込まれて改変しましたが、保険(商品)ランキングは作らないのか?とも言われたんですよねぇ。
実は保険商品ランキングについては後ろ向きなんですよ。

保険ランキングなんて無理だよぉ
保険商品はある意味星の数ほどあるので、ランキングするにも終身保険のランキングとか定期保険のランキング、最近話題の収入保障保険など、保険種別のランキングを作るしか無いのですが
保険会社によって諸条件による保険料の変動幅が違うので、保険ランキングという保険商品の保険料の安さランキングを作るのは、多くの人に役に立たないでしょう。

リスク細分型保険が難敵
さらに最近は自動車保険のリスク細分型保険料を保険に適用する商品が出てきたので、喫煙の有無と血圧状況などの健康状態などの条件で保険料が違うので
「20歳から60歳まで一概に」「(例えば)この定期保険が保険料的に一位です」みたいなことはあり得ないのです。
各個人ごとに最適な保険商品は違ってくると思うのです。

それでも保険のランキングを作ってみた
愚痴ばかり書きましたが、グダグタ言い訳ばかりではダメだ!と厨二的な気持ちになったので試しに保険商品ランキングを作ってみましょう。

定期保険ランキングは他サイト様でよく見かけるので、このサイトでは収入保障保険の保険料ランキングを作ってみました。
収入保障保険は、定期保険のように高額の保険金が一度で支払われるのではなく、定額の月額保険金を年金と言いまして、月額年金が保険の満了年月まで支払われ続ける生命保険です。

保険(料)ランキング

保険ランキングの前提
Z社、M社、S社の収入保障保険は喫煙状況割引と血圧などの健康体割引がありますが
A社の収入保障保険は保険料割引がありません。

保険ランキング35歳男性 60歳満了(60歳まで保障が続く) 月額保険金(月額年金)15万円
喫煙者の月額保険料
1位:外資生保Z社 3,510円
2位:通販生保S社 3,735円
3位:外資生保M社 4,200円
4位:ネット生保A社 4,380円

喫煙者の月額保険料
1位:ネット生保A社 4,380円
2位:通販生保S社 5,295円
3位:外資生保M社 5,400円
4位:外資生保Z社 5,505円

保険ランキング40歳男性 60歳満了 月額保険金(月額年金)20万円
(40歳にもなれば毎月の生活費も高くなるだろうということで、月額年金を20万円にしました。)
喫煙者の月額保険料
1位:外資生保Z社 4,540円
2位:通販生保S社 5,080円
3位:外資生保M社 5,900円
4位:ネット生保A社 6,150円

喫煙者の月額保険料
1位:ネット生保A社 6,150円
2位:通販生保S社 7,400円
3位:外資生保Z社 7440円
4位:外資生保M社 7,880円

(このサイトに掲載した保険料は、この記事作成当時のものですので、ご検討の際は必ず当該ウェプサイトでの試算や保険募集人への問い合わせなどで保険料をご確認願います。)

こんな感じで、それぞれの人によって一位になる保険が違うのでランキングできないのです。
と言いたかったのですが、五歳差くらいでは非喫煙者の場合ランキングが全く違わないし、喫煙者の場合でもランキングが大して変わらないという結果になりました。
すみません、凄いぐだぐだなランキングになりました。

もっと細かい条件が必要
保険料はこんな感じですが、本気を出す保険選びはもっと細かい条件も必要になります。
保険金(年金)を一万円刻みで選べる会社があれば、年金額を五万円刻みでしか選べない会社があったり
保険期間が5歳刻みで90歳まで選べる会社があれば保険期間60歳と65歳だけが選べる会社もあるので、本気で保険を選ぶとしたらこの保険(料)ランキングは全く役に立たないでしょう。

保険料の前に保険金算定
良い保険・悪い保険ページでも書いていますが、例えば定期保険や終身保険、収入保障保険は、保険商品を決める前に、家族を遺したときに必要な金額を算出する必要があります。
もしも明日ご主人に万が一があったとして、遺された子供が大学を卒業するまでに必要なお金は何円必要か計算できますか?または把握していますか?

ご主人に万が一があったとして、保険金が足りないから生活費も足りなくて、子供が中学卒業してすぐに就職したなんてことは極力回避したいですよね?(中卒で就職することを見下しているのではありません)

保険を選ぶ前に、子供が全員大学を卒業するまでの資金が欲しいなど、保険の最終目標とそれを全うするための保険金額を考える必要があるのです。

家族にとって一番の保険
今は多くの人にとって一位になるような保険を選ぶのでは無く、自分と自分の家族の将来にとって必要な保険金を算定した後で、諸条件を満たせる保険商品を選ぶ時代だと思います。
例えば保険金が5,000万円必要なのに、保険料の安さに釣られて保険金上限3,000万円の保険を選ぶ訳にはいきませんよね。
どうしても保険期間が70歳まで必要なのに、保険期間が65歳までしかない保険を選ぶわけにもいきません。
そうすると、例えば定期保険を選ぶにしても希望に合う保険商品が数点に絞られてきます。

保険商品選びは難しい
家族のための保険商品は、それぞれの家庭ごとに決める。と言うより諸条件を満たせる保険に「決まる」ものだと思うのです。
実はこの絞り込み作業が凄く大変なんです。

A定期は65歳まで保障・保険金上限500万円から100万円刻みで3,000万円まで、健康・喫煙状況割あり

B定期は55歳・60歳・65歳・70歳・75歳まで保障・保険金1,000万円から5,000万円まで1,000万円刻み、健康・喫煙状況割あり

C定期は55歳・60歳・65歳まで保障と10年間・20年間保障から選択、保険金1,000万円から5,000万円まで100万円刻み、保険料割引なし

など、凄く細かい条件を比較するのは正直難しいし労力が必要です。
本番の保険選びランキングは奥が深いのです。

保険選びを無料で丸投げ
こんな感じで、「家族にとって一番(1位)の保険商品」を選ぶのは、保険料も含めた様々な条件を満たすことが必要ですので、保険選びが難航してしまいます。
家族にとっての一位の保険は何だろう?的な気持ちが飛んでしまいます。いい加減保険選びをやめるか丸投げしたくなるものです。
だったら
万が一後の遺された家族に必要な金額と保険金の算定から実際の保険選びまで、保険の専門家にアドバイスしてもらうのが得策だと思います。
本当に大変な保険選びを無料で丸投げとまではいきませんが、保険の専門家に、保険選びに関するいろいろなことを無料でやってもらえばいいのです。

専門家は例えば上記ABC各定期保険の欠点もメリットも熟知しているので的確なアドバイスをしてくれますから,保険選びが凄く楽になります。

希望を託しながら
もちろん、万一があっても子供が全員大学を卒業するまでの資金を確保したいとか、中高は公立でも大学は私立に行けるような資金にしたいとか、あなたの希望を十分に加味してくれます。

保険の専門家は有名なところが接客態度も保険の選び方も良いと思います。
このサイトでは、授乳できる場所やキッズスペースがあるという利便性があるので、子連れでも保険相談に集中できる、ほけんの窓口を推薦しています。
保険相談の一番の脅威はおとなしくすることに飽きて暴れる子供だったりしますが、相談店舗にその対策が講じられているかどうかで保険相談の満足度が全く違います。
もちろん、相談員さんのマナーは凄く良く、営業臭さはありません。

堅いから信頼できる
相談が始まるとコンプライアンスなどを読み上げる堅さには驚きますが
保険を売りつける気配すらしないし、今の保険の保障内容がわからないから教えて欲しいという相談だけでも大丈夫という器の大きさが良いと思います。

今の保険が、本当に家族にとって第一位の保険かどうか、無料で聞くだけでもいいんです。
大切な家族のために、試しに一度、ほけんの窓口で万が一後の必要資金と保険のアドバイスをしてもらうのも良いと思いますよ。


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング