良い保険

良い保険とは?

何が良い保険で何が悪い保険なの?と思いませんか?例えば悪い保険は、保険料が高すぎる保険かもしれません。
ネタバラシすると様々な要素があるのでちょっと長くなりますが、このサイトなりの良い保険について説明します。
別ページで悪い保険についても書いてあります。

「良い保険」死亡保険編

遺された家族を保障する死亡保険は定期保険や終身保険などを指しますが、保険料が高すぎたり、万が一の時に役に立たないようでは良い保険とは言えません。死亡保険を良い保険にするにはどうすればいいでしょうか。

安ければ良い保険ではない

保険料が安いことも良い保険だと思います。保険料を安くしたいなら、死亡保険金を極端に安くすれば保険料も低く抑えられます。

ですがそんなことをすれば、例えば未就学の子供がいるのに夫が死んでしまったときに500万円の保険金しか残らないということもあり得ます。そんな額の保険金で小さな子供と一緒に何年生活できるでしょうか。

家族がいる場合、死亡保険の本来目的は「万が一があっても家族を守る」ことです。良い保険はまず「遺された家族の保障」がしっかりできる保険でしょう。

遺された家族の保障とは?

万が一の後に遺された家族を守れる保険とは、どのような保険でしょぅか。

先に答えを書くと
遺された子供が全員大学を卒業できるまでのお金が用意できる保険。です。
最低限これだけ用意できれば、社会人になって給料を稼げるようになった子供(達)についての、お金の心配をしなくてもいいはずです。

あなたの保険は大丈夫?

多くの家庭は、大黒柱である夫が突然他界した後でも家族の生活費と子供の学費をまかなうために、死亡保険である「定期保険」や「終身保険」に加入していると思います。
あなたが今加入している死亡保険は、例えば夫が他界した場合、夫の死亡保険金で遺された妻や子供を「いつまで(何年間)」養うことができますか?
妻や子供の生活費、子供の学費・教育費も不足なく準備できる死亡保険金になっていますか?

妻が働けばいいのですか?

もし保険金に不足があったらどうなるでしょうか。

例えば子供が小学生になる頃に保険金が切れてしまったら、小中学校の義務教育はなんとかなるとして、その先の高校や大学の学費はどうすればいいでしょうか。

高校や大学の学費の貯金と生活費の為に、子供が小学生になる前からお母さんが昼夜問わず働いて、お金を稼げば良いのでしょうか?

子供からすれば、生活費は仕方ないとしても、自分の学費のために疲れ切っている母親を毎日見るのは辛いでしょう。それでは家庭として望ましくない状況です。
子供とふれあう時間も無いようでは子供がかわいそうですよね。

保険金不足で子供が中卒就職!?

死亡保険金で高校大学の学費が用意できず、生活も苦しくなったので、遺した子供が中学を卒業したらすぐにアルバイトするとか、中卒で就職ですか?
中卒就職を卑下する気は毛頭ありませんが、せめて子供が希望する大学卒業までの学費と生活費は確保したいですよね?
良い保険の条件@
子供が全員、大学を卒業して社会人として自立するまでの生活費と学費・教育費が準備できている保険が良い保険です。

必要な死亡保険金を考える

子供が全員大学を卒業できるまでの生活費と教育費を賄える死亡保険金の適正額は?

まず、定期保険や終身保険などの死亡保険ですが、保険金が何万円なら、遺された家族の生活費学費の心配が無い良い保険と言えるでしょうか?
1,000万円でしょうか?2,000万円でしょうか?

例えば単純に死亡保険金2,000万円の保障だけだと保険金が少なすぎることが多く、「遺された家族を守る」保険の意味がありません。
2,000万円って大金なのにそれでも保険金不足なの!?と思いますよね?
実は保険金設定の根拠に「必要保障額」という算定方法があるのです。

良い保険 家族の必要保障額を知りたい!

保険のプロ・FPが無料で教えてくれます

保険も家計も見直しできます

イエローカード制で強引な勧誘はありません

イマイチな提案は気軽に断れます

右保険マンモス左

今、無料相談でA5クラス和牛プレゼント!


必要保障額で死亡保険金の算定・設定をする

死亡保険金が少なすぎると、もしかしたら万が一があった後に生活費や学費が尽きてしまうかもしれません。子供が無事に社会人になれるまでの資金を用意できる保険金計算方法が必要保障額です。

死亡保険金額の根拠は必要保障額

必要保障額と言われても、「何それ?」って感じですよね?
例えば夫が万が一の後、末のお子さんが社会人になるまでの
1.食費
2.水道光熱費
3.被服費
4.雑費
5.冠婚葬祭も含む最低限の交際費
6.家賃
7.数年に一度の車の買い換えや、家の補修

これら七項目の生活費

全員の子供の大学卒業までの学費・教育費が
どのくらい必要かを想定・算出した金額が必要保障額です。

必要保障額の計算は複雑

この必要保障額は、上記の七項目以外に
・世帯年収
・死亡退職金
・子供の教育費学費に対する考え方(例えば大学まで全部国公立にするか、一部または全部でも私立にするか)
・現時点で持家か借家か
・現在加入している保険の内容 …などによって算出される金額が全く違います。

必要保障額計算例

必要保障額の計算は大まかに学費と生活費の算定が必須です。ここでは教育費最安コースということで全部国公立を選んだ場合の必要保障額を計算しましょう。

四人家族で夫が他界したら

モデル例として夫・妻・子供が四歳と一歳の四人家族の必要保障額を計算しましょう。

夫が突然他界した後、子供が二人とも大学を卒業するまでに必要な資金=必要保障額です。
生活費の計算について先に七項目の計算が必要と書きましたが、このサイトで書くには細かすぎて大変なので、ここでは単純に生活費を、今の生活費月額から夫に関するものを引いた金額で計算します。

教育費はいくらなの?

まず学費ですが、ネットで子供が大学卒業までに必要な資金を調べてみると
幼稚園(保育園)・小学校・中学校・高校・大学を、全部国公立にした場合の教育費は、授業料、入学資金、塾、習い事、遠足や部活などの校外活動を含めて平均1,000万円から1,100万円あたりになるようです。
ちなみに私立理系の全教育費は2,300万円から2,600万円だそうです。

私立は小学校の教育費は高い

話がズレますが、中学校までは国公立で、高校と大学を私立にした場合の教育費は約1,450万円、大学だけを私立にした場合の教育費は約1,300万円だそうです。

大学だけを私立にしても全部私立にした場合の半額程度で済むのが不思議です。これは私立小学校の六年間の教育費が公立小学校の約五倍と大差が付くのが、全私立を選択したときの高い教育費の主な要因だそうです。

話を戻して、必要保障額の算定は一番安い全部国公立コースで、念のために一人1,100万円、子供二人で2,200万円の教育費としましょう。

生活費が無ければ勉強ができません

子供が大学を出るまでの生活費も保障できてこそ、良い保険になります。
生活費くらい自分の子供が高校になったらバイトで稼げるから、生活費の計算は安くてもいい。と思うもしれませんが、子供が生活資金を稼ぐバイトに追われて、勉強する時間なんて無くなってしまいます。
子供が希望の進路を叶えるためにも、死亡保険は生活費を保障する必要があります。

子供が大学を出るまでの生活費は?

ざっくりな計算になりますが、平均的な月間生活費から夫に関するお金を引いてみましょう。
例えば今四人家族で毎月30万円の生活費が必要で、そのうち夫の小遣いや食費被服費などが5万円だとすると、夫が他界した後に遺される子供二人と妻の生活費は月額25万円になります。

ということは、一歳の下の子が22歳になるまでに21年分の生活費が必要なので、25(万円) x 12(ヶ月) x 21(年)=6,300万円の生活費が必要になります。

良い保険は8,500万円!も必要!?

子供二人の学費最安コース→2,200万円
家族三人の21年間の生活費→6,300万円
合計で8,500万円!
え!こんなに保険金が必要なの!?
と思うかもしれませんが、これは必要保障額の算定の途中です。
必要保障額はここから減額できるのでご安心ください。

遺族年金で減額

夫を亡くして再婚していない妻には、子供が18歳になった年度末まで遺族年金が支給されます。この予想受取総額を必要保障額から減額します。
標準報酬月額が25万円(遺された三人の生活費の試算で出した月額25万円とは無関係)の場合、子供一人の妻には約12万円弱、子供二人の妻には約13万円が毎月支給されます。

遺族年金は平均標準報酬月額と子供に該当する人数によって支給額が変わりますが、このページの便宜上簡単に考えて、一歳の下の子が18歳になるまでの17年間、毎月12万円の遺族年金を受給できるとします。
12(万円) x 12(ヶ月) x 17(年)=2,448万円の予想受給総額を、8,500万円から引いて6,052万円まで必要保障額を減額できました。

必要保障額減額に使えるお金はまだある!

他に、契約者が他界したら保険料払込免除になる学資保険、現在の貯金額、忘れてはいけないのが死亡退職金など、必要保障額を減額できる保険やお金があります。
特に死亡退職金は必要保障額を大きく減額できると思いますので、会社に変な誤解を受けない範囲で調べておくといいでしょう。

必要保障額を減額して保険金設定

このサイトでの良い死亡保険は、子供が大学を卒業するまでの生活費と学費を満たす保険ですが、そこから死後に手に入るお金を引いて死亡保険金を設定しましょう。
良い保険の条件A
子供が大学卒業できるまでの資金(生活費と学費)を算出して 公的補助や手持ちの預貯金、退職金、などを引いた金額で死亡保険金が設定されていことです。

良い保険 家族の必要保障額を知りたい!

FPが無料で教えてくれます

保険も家計も見直しできますよ

もちろん保険の見直し相談は何度でも無料!

強引な勧誘は一切ありません

右保険マンモス左

無料相談でA5クラス和牛!今です!


死亡保障は二つに分けて最適化

定期保険だけで必要保障額全額を保障するのはあまりオススメできません。できれば教育費と生活費を二つの保険種に分けて保障するのが理想でしょう。

学費は国・私で違う

子供は全部国公立コースに進学してもらう、大学または高校だけでも私立を考える、全部私立を想定する。など、進学コースの選択で教育費の必要保障額は二倍以上の差が付きますので、必要保障額を計算するときに、子供の進学コースを考える必要があります。

学費は全部国公立コースの場合は大学在学時に多額の教育費を必要とし、全部私立コースの場合は小学校の六年間と大学の四年間で多額の教育費を必要とします。
教育費は、生活費のように子供が大きくなるにつれて保障すべき金額が減っていくには減りますが、特に大学の四年間で必要な保障額が急激に減るという特徴があります。

生活費は年数に比例する

必要保障額は生活費の部分が、子供が大学を卒業するまでの残り月数に比例するので、子供が小さいほど多額のお金が必要で、子供が大きくなるにつれて少額になっていきます。

例えば
末子が0歳なら大学卒業まで22年分の生活費を必要保障額に算入する必要があります。
末子が5歳なら大学卒業まで17年分で、末子が15歳なら7年分と、末の子供が大きくなるにつれて保障すべき生活費は少なくなっていきます。
生活費のように保障すべき残年数に比例して保障額が減るお金は、定期保険よりも収入保障保険が最適です。

生活費の保障に最適?収入保障保険とは

これまで死亡保険は終身保険と定期保険しか無いような書き方をしましたが、最近は収入保障保険という生命保険を良く聞くようになりました。

これは被保険者(保険をかけられている人)が死亡したときに、定期保険のように大金を一括払いしてくれるのではなく、毎月○○万円という比較的少額の年金(保険金ではなく長期複数回払いする月払いなのに、年金。)を保険期間の終わりまで払い続けてくれます。

毎月一定金額の年金を払い続けてくれるのが、まるでお給料を保障してくれるようですぅ。ということで収入保障保険という名前が付いているのだと思います。

収入保障保険の使い方

先に書いた、家族三人の21年間の生活費は6,300万円で、遺族年金は2,448万円の予想受給総額となりますから、実際に保障する必要がある生活費のお金は6,300−2,448=3,852万円です。
これを21年間×12ヶ月で割れば、収入保障保険の一ヶ月の保障すべき年金額が出ます。3,852(万円) / 21(年) / 12(ヶ月)=15.28571・・・で約15万円。余裕を見て毎月16万円の年金額を設定すれば良いでしょう。

必要保障月数に比例する年金総額

この保険の凄いところは、年金の支払い月数に応じて受取年金総額が増減することです。

例えば下の子が一歳の時に34歳の夫が55歳までの保険期間で毎月16万円の年金額の収入保障保険を契約したとします。

運悪く契約直後に夫が他界すると、55(歳)−34(歳)=21年間毎月16万円の受取ができるので、16(万円) x 12(ヶ月) x 21(年)=4,032万円の受取年金総額になります。

下の子が十歳の時に夫が他界→11年間の受取総額2,112万円、下の子が15歳の時に夫が他界→1,152万円の受取年金総額になります。
保障すべき月数をかっちり保障するとも言えます。

保険金が減ってくけど?

収入保障保険って年月が過ぎると保険金が少なくなっていくよ?というツッコミがあると思います。
これは、年月が経てば保障すべき生活費が減っていくことに対応しているので、合理的な保障ができることになります。

もちろん、4,000万円の死亡保険の保険料より安くなるので、保険料節約効果が望めます。
また、定期保険のように一度に多額の保険金を受け取ると、希に保険金を一気に使い込む人がいて、数年後には生活苦になることもあるそうです。
収入保障保険は年金払い方式により、保険金(実際は年金です)の長期温存効果も望めるのです。

試しに保険料を比較しました。

試しにある通販生保で、34歳男性・55歳までの21年間の保険期間で、定期保険と収入保障保険の保険料を比較したら
●死亡保険金4千万円の定期保険
保険料月額約8,200円
●年金額16万円の収入保障保険(最大で4,032万円の年金受取額)
保険料月額約3,400円
と、定期保険の半額以下という大きな節約効果があることがわかりました。
定期保険との比較で、保険金(年金)の温存効果が望めて、保険料を安くできるのが収入保障保険です。

教育費は定期保険で保障

教育費は生活費のように保障年数に比例してかっちり減っていきませんし、大学の学費もかなり大金なので、大きなお金の保障が継続できる定期保険で保障するのが一番でしょう。
もちろん、すでに加入している学資保険があるのなら、その学資保険の予想受取総額を引いた金額を、教育費用定期保険の死亡保険金から減らせばいいと思います。
また、塾や習い事などある程度継続性がある教育費は収入保障保険に回して、その分定期保険の死亡保険金を減らすというのも良いと思います。
良い保険の条件B
生活費の必要保障額は収入保障保険保障し、学費の必要保障額は定期保険で保障することで保険料節約効果と保険金の長期温存効果が望める保険です。

良い保険 保険料節約と保険金の温存を望みたい

必要保障額も教えて欲しい

FPは保険や家計の高度な資格の保持者

必要保障額も適切な保険も教えてくれます

イマイチな提案は気軽に断れます

保険の相談は何度でも無料

右保険マンモス左


保険の組み合わせ効果を検証!

保険料を安くし保険金の温存効果を狙うためにも、定期保険と収入保障保険の組み合わせは有効です。保険料を安くできる保険割引などについても書いてみました。

保険料を比較−その二

万が一の後の遺された家族に必要な資金を教育費と生活費に分けて必要保障額を計算して、公的補助などで受け取れるお金を差し引いて最終的な必要保障額=必要な死亡保険金としました。

さらにその特徴に合わせて、教育費は定期保険で保障し、生活費は収入保障保険で保障することで、保険金の温存効果と保険料節約効果を狙いました。
では、最終的な必要保障額を定期保険だけで保障した場合と、定期保険と収入保障保険場合の保険料はどのくらい違うでしょうか。

全部国公立コースの保険料試算

ある通販生保で、34歳男性・55歳までの保険期間の場合の保険料を比較しましょう。
生活費は、収入保障保険で毎月16万円の年金、または定期保険で4,000万円
教育費は全部国公立コースの場合、子供一人1,100万円。二人で2,200万円です。

■収入保障保険と定期保険の組み合わせで保障
●年金月額16万円の収入保障保険(最大で4,032万円の年金受取額)
保険料 月額約3,400円
●死亡保険金2,200万円の定期保険
保険料月額 約4,700円
合計保険料 月額8,100円

■定期保険で全額保障
本当は6,052万円の死亡保険金にしたいところですが、収入保障保険と定期保険の組み合わせプランに準じて6,200万円の死亡保険を設定します。
●死亡保険金6,200万円の定期保険
保険料月額 約12,500円

定期保険と収入保障保険を組み合わせたら、定期保険だけで全額保障した保険料の64.8%に押さえられました。保険料を三分の二以下にできました!保険の組み合わせ効果が出ましたね。

全部国私立コースの保険料試算

ある通販生保で、34歳男性・55歳までの21年間の保険期間の保険料を比較しましょう。
生活費は、収入保障保険で毎月16万円の年金、または定期保険で4,000万円
教育費は、全部国私立理系医科歯科系の場合、子供一人2,600万円。二人で5,200万円です。

■収入保障保険と定期保険の組み合わせで保障
●年金月額16万円の収入保障保険
保険料 月額約3,400円
●死亡保険金5,200万円の定期保険
保険料月額 約10,600円
合計保険料 月額14,000円

■定期保険だけで全額保障
●5,200万円+4,000万円=9,200万円の死亡保険金の定期保険
保険料月額 約18,400円

定期保険と収入保障保険を組み合わせたら、定期保険だけで全額保障した保険料の約76%に押さえられました。

保険料を最大限安くしましょう!

良い保険の最後の条件は、保険量が意味無く安いのでは無く、保険料が意味無く高くならないことだと思います。

実は上記の保険料試算は、たまたまネットでみつけた保険会社の保シミュレーション画面で試算した結果です。
定期保険や収入保障保険は、保険料の非喫煙・健康体割引が付いている保険会社の商品もあれば、一切の保険料割引が無い保険会社もあります。上記の保険料試算は保険料割り引きが無い保険会社でした。
良い保険の条件C
定期保険も収入保障保険も、保険料割引きがある複数の商品で保険料試算してから選んだ保険です。

良い保険 複数の保険のシミュレーションは大変

保険の組み合わせ方もよくわからない

FPは保険や金融の国家・公的資格所持者

とてもわかりやすく教えてくれます

イエローカード制で強引な勧誘ナシ

保険の相談は何度でも無料

右保険マンモス左

今なら無料相談でA5クラス和牛プレゼント!


奥さんにもちゃんと保険を!

話は変わりますが、奥さんにも死亡保険を掛けてありますか?もし妻に先立たれた時のために奥さんにもしっかりとした保険を掛けておくべきです。

奥さんにも保険を掛けてますか?

夫に万が一があった場合の必要保障額について書きましたが、夫が働いていて妻が専業主婦などの場合、妻には少額の死亡保険しか掛けていない家庭もあります。

「夫という稼ぎ頭がいるのに、妻が死んだときの保険金目当てみたいで、妻に保険を掛けるのは後ろめたい」というのが、専業主婦などが少額の保障しか加入していない原因だったりします。

むやみに高い保険を掛ければ良いというものではありませんが、奥さんに万が一があった場合、子供が社会人になるまでの間だけでも、
遺した夫の家事などを支えることが出来るくらいの、死亡保険金があるのが理想でしょう。

遺した夫の負担を軽くしましょう

例えば奥さんに万が一があったとして、忙しい夫が仕事を無理矢理切り上げて帰宅し、洗濯や掃除などの家事をして、子供の宿題を見て風呂の準備をして…という生活は大変過ぎます。

朝は朝で弁当を作って子供を起こして…会社に遅刻ぎりぎりで滑り込むというのも、朝から疲れ切って仕事がはかどりません。
仕方ないとは言え、社内の評価も給料もが下がってしまうかもしれません。
せめて朝だけでも家政婦さんをお願いできるようなお金が必要です。やはり、奥さんにもしっかりとした保障が必要でしょう。
良い保険の条件D
万が一奥さんが早く他界したことも考えてある保険です。

良い保険を五項目にまとめました!

このサイトなりの良い保険を簡単に書くと
1.末子の大学卒業までの教育費と生活費の必要保障額を算出してある
2.遺族年金や手持ちの貯金、死亡退職金などは必要保障額から減額してある
3.教育費は定期保険、生活費は収入保障保険で保障し、保険金の温存効果が望めること
4.健康体割引などがある保険を活用し、保険料が意味無く高くならないこと
5.妻にもちゃんと死亡保険を掛けてあること

こんな感じになるでしょう。

良い保険 良い保険は家庭によって違います

ここに書いた保険だけが良いとは限りません

FPは保険のプロ。国家・公的資格保持者

必要保障額も含めて保険を無料でアドバイス

納得できない提案は気軽に断れるから安心

保険の相談は何度でも無料!

右保険マンモス左

今、無料相談でA5クラス和牛プレゼント!



保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング