良い保険

良い保険と悪い保険の違いは?

緑注目

何が良い保険で何が悪い保険なの?と思いませんか?例えば悪い保険は、保険料が高すぎる保険かもしれません。
ですが細かく見ると良い保険も悪い保険も様々な要素があるので、その両方を管理人なりに説明します。

 

桜 万一のとき家族を守る良い保険

 

バツ印24 万一のとき家族を守れない悪い保険

万一の時に家族を守る「良い保険」とは

良い保険にしながら保険料を節約できれば

貯金を増やすこともできそうですね

保険の専門家が保険を無料でアドバイス

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


良い保険
桜 親の死後、子供が自立できる保険

 

いきなり強烈なタイトルで驚いたかもしれません。良い保険は保険料が安いことも重要ですが、ここはあえて「家族を守るという保険本来の目的を全うできるか?」について解説します。

良い保険は、「遺された家族の保障」がしっかりできる保険でしょう。


家族の生活費と子供の学費
遺された家族を守れる保険とは、どのような保険でしょぅか。
多くのご家庭は、大黒柱である夫が突然他界したあとでも家族の生活費をまかなうために、死亡保険である「定期保険」や「終身保険」に加入していると思います。

でも考えてみてください。
例えば夫が他界した場合、夫の死亡保険金で、遺された妻や子供を「いつまで(何年間)」養うことができますか?
妻や子供の生活費、子供の学費・教育費も不足なく準備できていますか?

保険金不足で中卒就職!?
例えば子供が中学生になる頃保険金が切れてしまったら、その先の高校や大学進学はどうすればいいでしょうか?
お母さんが昼夜問わず働いてお金を稼げば良いのでしょうか?子供からすれば、自分の学費や生活費のために疲れ切っている母親を毎日見るのは辛いでしょう。それでは家庭として望ましくない状況です。

子供が中学を卒業したらすぐにアルバイトするとか、中卒で就職ですか?
中卒就職を卑下する気は毛頭ありませんが、せめて子供が希望する大学卒業までの学費と生活費は確保したいですよね?

子供が全員、大学を卒業して社会人として自立するまでの生活費と学費・教育費が準備できている保険が良い保険と言えそうです。

最近は母子家庭も増えてきていますし、夫がいる主婦だとしても妻に万一があれば、妻がいない家庭は夫の負担が大きくなりすぎます。死亡保険は夫だけでなく、妻、母子家庭の場合は母も適正な保険金を準備するべきです。

もちろん、安い保険は良い保険です
もちろん保険料が安い保険が良い保険と言えます。
ですが、「夫 (または妻・母子家庭の場合は母)」が死んでも、末の子供が大学を卒業できるまでの生活費・学費を満たした保険金を設定しないと、安くて良い保険も意味がありません。

死亡保険金の適正額は?
まず、定期保険や終身保険などの死亡保険ですが、保険金が何万円なら、遺された家族の生活費学費の心配が無い良い保険と言えるでしょうか?
1,000万円でしょうか?2,000万円でしょうか?

例えば単純に2,000万円だけの死亡保障だけだと保険金が少なすぎることが多く、「遺された家族を守る」保険の意味がありません。
2,000万円って大金なのにそれでも保険金不足なの!?と思いますよね?
実は保険金設定の根拠に「必要保障額」という考え方があるのです。

ほけん 遺された家族を守れる保障ですか?

今すぐ無料で専門家に聞いてみましょう

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


死亡保険の保険金の根拠は必要保障額
必要保障額と言われても、「何それ?」って感じですよね?
例えば夫が万が一の後、末のお子さんが社会人になるまでの
1.食費
2.水道光熱費
3.被服費
4.雑費
5.冠婚葬祭も含む最低限の交際費
6.家賃
7.数年に一度の車の買い換えや、家の補修

これら七項目の生活費

全員の子供の大学卒業までの学費・教育費
どのくらい必要かを想定・算出した金額が必要保障額です。

必要保障額の計算は複雑
この必要保障額は、上記の七項目以外に
・世帯年収 ・死亡退職金 ・子供の教育費学費に対する考え方(例えば大学まで全部国公立にするか、一部または全部でも私立にするか) ・現時点で持家か借家か ・現在加入している保険の内容 …などによって算出される金額が全く違うので、保険の専門家に一度無料で計算してもらうのが良いと思います。

 

ほけん 家族の必要保障額を知りたい!

FPが無料で教えてくれます

保険も家計も見直しできますよ

強引な勧誘は一切ありません

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


良い保険
桜 妻もしっかり保障している保険

 

上記でもちょっと触れたので、もう少し細かく書いてみます。
夫に万が一があった場合の必要保障額から外れる話ですが
夫が働いていて妻が専業主婦などの場合、妻には少額の死亡保険しか掛けていない場合があります。
「夫という稼ぎ頭がいるのに、妻が死んだときの保険金目当てみたいなので、妻に大きな保険金を掛けるのは後ろめたい」というのが、専業主婦などが少額の保障しか加入していない原因だったりします。

むやみに高い保険を掛ければ良いというものではありませんが、奥さんに万が一があった場合、子供が社会人になるまでの間だけでも、家政婦を雇い続けることが出来るくらいの死亡保険金があるのが理想でしょう。

例えば奥さんに万が一があったとして、仕事で忙しい夫が仕事を無理矢理切り上げて帰宅し、洗濯や掃除などの家事をして、子供の宿題を見て風呂の準備をして…という生活は大変過ぎます。

朝は朝で弁当を作って子供を起こして…会社に遅刻ぎりぎりで滑り込むというのも、朝から疲れ切って仕事がはかどりません。仕方ないとは言え、社内の評価も給料もが下がってしまうかもしれません。

せめて朝だけでも家政婦さんをお願いできるようなお金が必要です。やはり、奥さんにもしっかりとした保障が必要でしょう。

ほけん 万が一の後の生活費と学費を確保したい

保険料を抑えて、教育費を増やしたい

保険の専門家がその悩みに無料でアドバイス

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


必要保障額を満たすと保険金が高くなる?
必要保障額は、万が一の 後から末子が大学を卒業するまでの学費と生活費を想定しているので、お子様が小さいほど多額のお金が必要で、お子様が大きいと比較的少額になります。

例えば
子供が小さいときにご主人が万が一の時は、末のお子さんの大学卒業まで何十年もあるので、遺された家族に必要な生活費や学費などの総額が大きくなるのです。

一方、ご主人が万が一の時に末の子供が高校生なら、大学卒業までに必要な学費はそれなりに大きいとしても、生活費の総額は、保障すべき年数が短いので、必要保障額は少なくなるのです。

必要保障額は
若い家庭は多額、年配の家庭は比較的少額という法則が成り立ちます。

最適な保険で保険料節約 赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


必要保障額を安く準備する「最良」の保険
若い家庭で必要保障額を満たすような巨額の保険金を用意すると、毎月の保険料も高くなりがちですが、保険料を安くできれば、必要保障額を満たした保険金を準備したいものです。

必要保障額を満たす保障を安く準備できる保険こそ、「最良の保険」になりますよね?
「最良の保険」にするには、つまり必要保障額を満たす保険に極力安く加入するためには
1.保険料が安い、若い内に保険に加入する。 2.比較的少額の保険金の定期保険と、収入保障保険を組み合わせる。
などの手法で、保障を厚く・保険料を低くすることも可能です。特に上記2の手法は、年齢を問わず保険減額・保障拡大の手法になりつつあるのでオススメです。
必要保障額の計算〜実際の保険の組み合わせと保険料のシミュレーションはかなり難しいので、保険の専門家に聞いてみるのがベストです。

 

ほけん 必要保障額を満たしたら保険料が高そう

保険料を減額して住宅ローンを楽にしたい

保険の専門家が無料でアドバイス

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左

 


良い保険
桜 複数の保険商品の組み合わせ

 

上記「最良の保険」2.定期保険と収入保障保険の組み合わせ。を、もう少し解説してみます。これは結構利点がある、最近流行の手法です。

例えば、必要保障額=死亡保険金が5,000万円だったとします。
保険金5,000万円の定期保険に加入するのもいいのですが、定期保険は10年とか15年ごとの更新のたびに、保険料が極端に上がっていく不経済な面もあるのです。

だけど、「(死んだ)自分も、遺した家族も安心できる」保障は絶対欲しいし・・・

そこで
まず定期保険は極力減額しましょう!保険金1,000万円にしましょう!
さらに保険金総額4,000万円の収入保障保険を組み合わせます!

このような保険の組み合わせをすると、同じような保険金を用意するにもかかわらず、毎月の保険料がかなり安くなります。

保険の機能を生かす

定期保険は「巨額の保険金を一括払いする(遺族が巨額のお金を受取る)」保険ですが、収入保障保険は「少額の保険金を毎月毎月払い続ける(遺族が受取り続ける)」保険です。
例えば死亡保険金5,000万円の定期保険だけ加入した場合、保険金5,000万円という大金を手に入れて舞い上がった遺族が短期間で保険金を使い果たしてしまい、数年後には生活費に困ってしまうこともあるそうです。
ですが、死亡保険金を1,000万円の定期保険 と 保険金総額4,000万円(毎月25万円×160ヶ月) の収入保障保険にした場合、短期間で大金を使い果たしてしまうなんてことは起こりにくいでしょう。
保険を組み合わせることは、数字には表れない利点もあるのです。「保険金を枯渇させない。」このような効果があることも、「良い保険」の条件になると思います。


ほけん 組合せで保険料を低く!保障は厚く!

専門家が無料でアドバイス 赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左



保険選びの余談ですが結構重要です

保険を選ぶとき
定期保険に非喫煙・健康体割引が付いている保険会社もあれば、一切の保険料割引が無い保険会社もあります。
収入保障保険も、保険金の上限が低かったり、契約年齢の範囲が狭い保険会社などがあります。
どの保険会社に、どんな保険が用意されているかを知る必要がありますが、保険の素人に保険会社の商品内容を把握するのは無理な話です。

実は保険は家電に例えられます。
例えば液晶テレビとパソコンを選ぶにしても、液晶テレビで実績があるメーカーがパソコンでも実績があるかというと、そうではない場合が多いですよね。

保険にも言えることで、定期保険や収入保障保険を選ぶにしても、保険会社によって得手不得手や保険料の割引制度の有無などがあるので、保険料を安く・保障を厚くするには、複数社の保険商品を組み合わせる必要があるのです。

今まで必要保障額を知らなかった家庭や、保険が古くさらに家族状況も変わったような家庭は必要保障額を計算して保険を見直す必要があります。

保険の見直しを簡単に書くと

1. 末子の大学卒業までの必要保障額を算出
2. 沢山の保険会社の商品を比較して選び
3. 複数の保険の契約をする
このような作業が必要です。

ですが あなた一人で、または夫婦でも
保険金の計算・保険の組合わせ・契約 をするのは、大変な作業です。
出来れば一度保険の専門家に保険の見直しを無料相談するのが良いでしょう。
専門家の知識とアドバイスで、大変な見直し作業が凄く楽になります。

FPに任せて楽な見直し赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


良い保険
桜 年金で保険料を支払わなくてもよく、保障は生涯続く保険

 

終身払いというのは確かに月額保険料が安いですが、今後減らされる一方の年金から保険料を出さなくてはいけないという、保険料の支払方法でもあるのです。
例えば医療保険は老後にこそ必要な保障です。年金が出る頃に保険料の負担が大変になって、保険を解約することになったら、必要な保障がなくなります。
そんなことにならないよう、できれば定年前に保険料の支払が終わるような支払方法を選びましょう。

良い保険
桜 自分の年代に合った保険

 

例えば定年後の夫婦だけの家庭は、老後資金用の保険とか医療保険を選ぶべきです。子供を含んだ家族の生活費を保障するプランは保障の意味がありません。

また、小さいお子さんがいる家庭は、夫に万が一があっても、妻に万が一があっても、お子さんの大学保障まで保障出来る保険が理想です。夫婦が独身の時に加入した保険以外に保障金額の増額をしていないというのも問題があります。

良い保険
桜 入院保障限度日数が長い保険

 

保険は万が一の時のための保障です。しかも一生を守る為の保障です。よく入院日数が60日限度の保険がありますが、例えば老年になって足を骨折したら60日で骨折が完治して、リハビリも終わって元の生活に戻れるのでしょうか。
足の骨折は老後によくある話です。出来れば入院保障限度日数が長いものを選びましょう。

 

ほけん 家族の年代に合った保険ですか?

保険料は高くないですか?

保険の専門家が最適な保険を無料アドバイス

しつこい保険の勧誘はありません。今です!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左



保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング