悪い保険

保険料のムダ!悪い保険とは

悪い保険

バツ印24必要な保障額(保険金)が全く考えられていない保険

 


 

例えば、2歳と3歳のお子さんがいらっしゃる家庭で、親の死亡保障が2,000万円の場合
末のお子さんが大学を卒業する(社会人になる)までの、遺された家族の生活費は2,000万円で足りるでしょうか。


 

一ヶ月の生活費が22万円の場合、遺族年金で約10万円が保障されるとしても、残りの、一ヶ月12万円x12か月x20年で、必要生活費が2,880万円。それに二人のお子さんの大学卒業までの学費は、一人最低600万円x2で1,200万円必要です。

生活費と学費の合計総額4,080万円が必要(不足)です。この、4,080万円の、子供が社会人になるまでに必要な生活費と学費・教育費が必要保障額になります。

死亡保障2,000万円に対して2,080万円も必要保障額が足りません



 

ほけん 保険は家族を遺す万が一への備えです

保険金の不足をしっかり見直しましょう

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


例えばご主人が若くして他界したときに

遺された奥さんが、遺された子供のために働いて、毎月12万円の不足している生活費だけでも稼げば良いかもしれません。

奥さんが毎月12万円を稼ぐ為に一日6時間働いたとしても、時給1000円の場合、毎月20日働く必要があります。


 

ですが、生活費だけでなく子供の学費も稼がないといけないので、一日8時間以上毎月25日以上働かないといけないかもしれません。

手の掛かる子供が二人もいるのに、これでは遺された奥さんに負担が掛かりすぎです。

万が一が起きた後、奥さんの負担を極力減らして家事と育児と教育に専念してもらうためにも、必要保障額を満たした保険金が必要になります。

では、もしも今現在加入中の死亡保障が適当な保険金を設定してしまっている場合、どのように対策をすれば良いかというと


 

●早急に必要保障額を算出して、必要な保険金を把握する

●保険料が高い保険に加入していることもあるので、保険の見直しをする

●終身保険、定期保険、収入保障保険などを組み合わせることで、保険金と保険料のムダを抑える


↑こういった対策が必要になります。

 


ほけん 専門家の助言で理想的な保険に。今!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


 

例にするのは良くないですが、交通・病気遺児の、不足している自分たちの学費の募金をお願いしている中学とか高校の学生さんを見たことがあります。


 

募金を募る勇気や募金をしてくれる方々を否定するわけではありません。

ただ、この子の他界した親はどのくらいの保険金の保険に加入していたのかと思うことがあります。

保険に加入するとき、直感とか、誰かに言われて

とりあえず1,000万円」とか

だいたい2,000万円

の保障に加入していたのかもしれない。

と思うのです。適当に加入した保険は意味を成さないと思います。

 


末子が大学を卒業するまでの、生活費・学費などの必要資金(=必要保障額)を満たしていない保険が

遺された家族や子供にとって悪い保険になってしまうと思います。


 

ほけん その保険 必要保障額を考えてますか?

遺された家族に悪い保険になってませんか

FPが、保険の改善を無料でアドバイス

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左



 

悪い保険

バツ印24同じ保障(保険金)なのに保険料が高すぎる保険

 


例えば30歳男性が、保険金4,000万円、保険期間20年の定期保険に加入する場合


赤小丸 ある大手保険会社の場合(15年後更新商品)

最初の15年間 月額保険料 約11,000円 
16年〜20年目の月額保険料約24,000円


赤小丸 あるネット生保の場合
20年契約 月額保険料 約5,900円


赤小丸 ある外資系の場合
20年契約 月額保険料 約4,000円
(健康体割引で最大割引率適用の場合)


こんな月額保険料になります。


上記のある大手と、最大割引率が適用できた外資とでは、毎月7,000円以上の保険料の差が出ます。これは、毎年84,000円の差で、最初の15年間だと総額126万円の差になるのです。
差といってますが、実際は126万円の「」です。


次の五年の差は毎年24万円なので、五年で120万円。20年間の保険料の差額=損した金額はなんと246万円!。だったら最初から外資の健康体割引を狙いますよね。

外資の健康体割引に加入出来れば、万が一の時はいつでも4,000万円が遺された家族の為に入金することができて、さらに20年間で246万円も節約できるのですから。

保障額をしっかり考えると、どうしても高額の保障額が必要なので、保険金額は極端に上がると思う方もいるでしょう。

ですが、上記の例のように、保険商品の選び方次第でかなり安く保険加入が出来るのです。

保険は難解な商品で、しかも多数の保険会社についての保険料や保障内容などの最新情報を集めるのは無理な話です。


こういう保険料を抑えながら大きな保障を得る知恵や知識を、生命保険の専門家に無料でアドバイスしてもらうことができます。
今加入している保険が、万が一のとき遺される家族や子供にとって悪い保険にならないようにするためにも、一度保険の見直し相談をするのがお勧めです。



 

ほけん 家族の将来を考えて保障を厚くしたのに

保険料が安くなった!という人もいます

浮いた保険料で住宅ローンが軽くなるかも。

保険の改善を専門家が無料でアドバイス

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左



 

悪い保険

バツ印24死亡した原因によって保険金額が極端に違う保険

 


「自分は保険金5,000万円の保険に入っているから大丈夫。30歳だけど保険料は毎月4,000円だから家計の負担にもならないよ。」という話を聞いたことがあって調べてみたら
保険金額は「災害死亡時」4,000万円で「病気死亡時1,500万円でした。などということがあります。


死亡原因は、一般的に災害死亡よりも病気死亡が圧倒的に多いそうです。もしかしたら、病気以外の死亡である災害死亡なんてあり得ないかもしれないので保険金の割に保険料が安いのです。病気で死んだら遺された家族に1,500万円。これでは、上記の保障額が全く考えられていない保険とたいした違いがありません。


死亡原因によって保険金が異なる保険は、ネット販売商品によくある気がします。商品説明の一番目立つ部分に「5,000万円コース」などと書かれているのですが、病気死亡の1,500万円については目立たないように小さく書いてあるので死亡原因による保険金の違いに気がつきにくいのです。


運良く激安商品を見つけた!みたいな感じで即ネット加入してしまいそうです。悪く考えるとこういう勘違いを悪用した販売方法にも思えてしまいます。選び方が悪いのではなく、単純に考えて騙されている気さえします。

対面販売の生命保険なら、販売する人が病気死亡と災害死亡の違いについて、しつこく説明して釘を刺すような商品です。5,000万円の保険金が月額四千円で加入出来るなんて、ある意味射幸心を煽りすぎのような気がします。正直、ネットでこういう販売方法を採るのは止めて欲しいです。

保障内容のトリック?みたいな嫌な感じです。

万が一このような保険に加入していたら、早急な見直しをお勧めします。


 

ほけん 今の保険、保障内容は大丈夫ですか

FPが保険の改策を無料で教えてくれます

改善・減額で塾代や小遣いが増やせるかも!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左



 

悪い保険

バツ印24保険料の払い込みが終わったとたんに保障が激減する保険

 

これは選び方が悪いと言えないかもしれません。

例えば

この死亡保障は生涯続きます、保障金額は5,000万円です。という保障内容のはずが

定年前に保険料の払い込みが終わったとたんに300万円の保障が生涯続くだけになってしまった。なんていうことがよくあります。


65歳までは5,000万円も保障があったのに、66歳になったら300万円だけの保障しかないの?何で4,700万円も保障がなくなっちゃうの !? 老後の保障はどうなるの?? という気持ちになりますよね?


これは、簡単に言うと保険金額300万円の終身保険に、保険金額4,700万円の定期保険をくっつけてパッケージにした保険商品なのです。まぁ、確かに保 険 加 入 時から保険料を払い終わるまでは「保障金額は5,000万円」ですし、「(300万円の)死亡保障は生涯続きます。」
で間違えはありませんよね。

保険料の払い込みが終わると同時に定期保険の契約が消えるので、残りは保険金額300万円の終身保険だけが生涯続くのです。


 実はこのような保険金が激減してしまう保険を契約していたことを指摘されて、驚くとか怒り出す人が結構多いのです。一度保険の保障内容を再確認すべきです。

保険会社の営業に保障内容の再確認を依頼すると、新規の保険に加入させようとする傾向があるので、保険ショップなどに行った方が得策かもしれません。


ほけん あなたの保険は老後も大丈夫ですか?

専門家が保険を無料でアドバイス!

悪い保険を改善、浮いたお金で家計増額

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左



 

悪い保険

バツ印24祝い金とかボーナスが出る保険

 


えええぇぇぇっ!!保険に入っているだけでまとまったお金(ボーナス)がもらえたら嬉しいのにっ!と思ったら危険かもしれませんよ。

女性用によくある保険で、ボーナスが出るとか祝い金が出るのが特色の保険がありますよね。そういった保険は、保険料が「保障の保険料 と ボーナスの保険料」の合算になっているので、保険料がやたら高いのです。また、そういった保険は結構損している場合があるので、ボーナス有りとボーナス無しが選択できるのなら、その両方の保険料を試算してください。

毎月の保険料の差額が将来支給されるボーナスに見合うかどうか、一度比較してみましょう。

 



 

悪い保険

バツ印24何かズレてる学資保険

 

学資保険の祝い金が、幼稚園、小学校・・・大学入学、就職時など、かなりの頻度で出るのもたいした運用結果にはなりません。こういう学資保険は満期がお子様が22歳のときで、そのときに最大の戻り率になります。


 

例えば、戻り率110%以上を宣伝文句にしている学資保険がありますが、よく見たら子供が22歳の時点で110%以上になる商品だったりします。

大学などの入学前までに学資の準備が出来ていることが目的の学資保険なのに、子供が社会人になるときが最大の戻り率になるのと言うのも今ひとつズレがあるような気がします。

どうせなら、子供が17歳とか18歳のとき最大戻り率になる学資保険がいいですよね。
学資保険は、例えば子供が10歳までに保険料を全額払い込み出来れば120%以上の戻り率になる物もありますので、中身を良く把握しましょう。


もうひとつ、学資保険商品が無い保険会社で提案されることがあるのが「学資保険の代用で終身保険に加入する」勧誘です。

外貨建て終身保険なら、学資保険の代用で運用する商品は販売されています。ですが円貨の終身保険で学資保険の代用をする商品は無かったと思います。円貨終身保険は外貨終身保険よりも予定利率が格段に低いので、たいした運用にならないと思います。


 

ほけん 余計な祝い金、運用時期がズレていたり

お子さんの学資保険は大丈夫ですか?

専門家が保険の改善を無料でアドバイス

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左



 

悪い保険

バツ印24目的違いの保険

 

 

お子様の学資を貯金する目的なのに終身保険に加入したとか、ガン保険なのに医療保険のように怪我や骨折でも保険金が出ると勘違いしているとか。保障したい目的があなた自身でわかっていないと後で大変です。

加入の前に保険の目的を考えて、保障内容と保障対象を把握する必要があります。



 

悪い保険

バツ印24自分の保険の保障内容を知らない

 

保障内容を忘れてしまうのは仕方が無いことですが、自分やご家族の保険の保障内容が分かっていないと、万が一の時に泣きを見ます。

 

大腿骨骨折で四ヶ月入院などの大けがをしたとき、半年の入院保障があると思っていたら60日の入院保障だったとか、安いガン保険に加入したのはいいけど、突然末期ガンを宣告されたときに保険金が安すぎて高額の治療が受けられなかったとか。

目的違いの保険に似ていますが、自分の保障内容を覚えておかないと、どんなに良い保険でもダメな保険になる可能性があるのです。

でも、保険証券を見ながら自分の保険の保障内容を確認するなんて難しすぎる話です。あなた自身や大切なご家族を守る保険は出来るだけ手厚くしたいですよね。そんなときに保険の無料相談の出番です。



 

ほけん その保険、良いですか?悪い保険ですか?

保障内容は確認していますか?

専門家が良い保険を無料でアドバイス

うまく見直せて保険料が浮くかも。今です!

赤二連矢印右保険マンモス赤二連矢印左


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング