明治安田生命 口コミ

明治安田生命

生命保険会社ランキング! 生命保険会社のランキング13位


保険会社ランクキング項目1ソルベンシー・マージン比率:938.5%

保険会社ランクキング項目2保険料等収入:約3兆3,578億円

保険会社ランクキング項目3人気(アクセス数):評点10

保険会社ランクキング順位総合ランキング:13位


全ての生保会社人気ランキングはこちら



明治安田生命

 明治安田生命保険相互会社は、旧来の大手生命保険会社二者が合併して発足した会社で、元々の二社の設立や創業時期から日本最古の生命保険会社になります。
また、生命保険の売上としては、日本生命、かんぽ生命に次ぐ第三位なのです。日本生命が年間売上六兆円少々、かんぽ生命が五兆六千億円台、明治安田が三兆三千億円台となっています。かんぽと明治安田の売上の差は巨額ですね。もし明治安田生命が日本で第二位の売上になるには、かなり長い道のりが待っているようです。

保険商品について

販売されている保険商品も豊富にあり、終身保険をはじめとし大型保障の定期保険タイプの商品、顧客にニーズに応じた商品が販売されています。

主力商品としては、以前はライフサイクルやニーズに合わせて保障の見直しや保険料の変更が出来るアカウント型の保険でしたが、今は「組立総合保障保険」という、最近の他の大手生保と似たような、必要保障を自分で取捨選択できる生命保険を販売しています。

桃小丸 キッズコーナー・授乳スペースあります

お子さんを気にせず安心して保険相談

保険節約の相談は何回でも無料!

朱二重矢印ほけんの窓口

明治安田生命の口コミ一覧

明治安田生命 年金ひとすじワイド 総年金受給額 447万円…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

更新時はその年齢で試算するため保険料はかなり上がります。よってその際にアカウントに貯蓄してあるお金を保険料負担にもできます。…続きを読む

教えて!goo より

LAはアカウント(積立部)があるものの、アカウントに回る保険料は数十円〜数百円と言うのも珍しくはなく、その他は掛け捨て…続きを読む

教えて!goo より

LAは完全掛け捨ての保険です。終身とついていますが、アカウントに貯めたお金を終身に移行する形なので、特約保険料とは別に、積立のお金を払わなければ…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

LAは更新がある保険です。つまり今の保険料は10年だけで、その後は保険料が値上がりします。「掛け捨てではない、積み立てがある」という説明をされたかと思い…続きを読む

教えて!goo より

 

桃小丸 今の保険が最適か聞くだけでもいいんです

保険を無理に勧めたりしません

保険の相談は何度でも無料朱二重矢印ほけんの窓口

ベストスタイル

主契約はなく、22の特約から好きな保障を組むことができて、さらに最短で毎年保険を見直すことができる、自由度の高い総合保障がベストスタイルです。

選べる・組み立てる

どういうわけか、最近の日本の旧来の大手生保は「選べる」「組み立てる」保険に移行しているのです。
今はネオファースト生命に名称変更した旧損保ジャパンDIY生命の「1年組み立て保険」で、こういう感じの保険を販売していたのを思い出します。

更新があります

ベストスタイルの正式名称は、「5年ごと配当付組立総合保障保険」です。
保険期間・保険料払込期間10年ということで、10年毎の更新がある保険です。
契約年齢満16歳〜満80歳です。

22の特約一覧

病気・ケガへの備え(八種類)
新・入院特約
終身入院特約
入院治療保障特約
外来時手術保障特約
退院後通院治療保障特約
先進医療保障特約
特定損傷給付特約
傷害特約

重い病気への備え(四種類)
がん保障特約
がん・上皮内新生物保障特約
重度疾病継続保障特約
がん保険料払込免除特約

障がい・介護への備え(四種類)
生活サポート定期保険特約
生活サポート終身年金特約
新・介護保障特約
介護サポート終身年金特約

万一への備え(三種類)
定期保険特約
終身保険特約
家計保障年金特約

■その他の備え(三種類)
保険料充当原資積立特約
リビング・ニーズ特約
重度がん保険金前払特約

最新の保障を提供

時代に合った最新の保障を提供し続けることも、ベストスタイルの特徴です。
代表的なのが四つの「リンクサポート」です。

医療リンクサポートは 入院治療保障特約・退院後通院治療保障特約 を組み合わせた場合のペットネーム
療養費ワイドサポートは がん保障特約・重度疾病継続保障特約 を組み合わせた場合のペットネーム
生活費ロングサポートは 生活サポート終身年金特約 のペットネーム
ご遺族ライフサポートは 定期保険特約、家計保障年金特約・終身保険特約 のいずれかを付加した場合のペットネーム
です。
カッコイイ名前ですよね。ですが例えば医療リンクサポートと療養費ワイドサポートの保障内容を見ると、よくみかける掛け捨て医療保険と大して変わらない気がしました。
同様に、生活費ロングサポートは、よくみかける就業不能保険だよね?と思いました。

一生涯継続が可能

明治安田生命サイトのベストスタイルのページを見ると
「お客さまに一生涯、安心をお届けするために何が必要か。明治安田生命は考えました。」と書いてあるんです。
ベストスタイルは更新型の保険を多く揃えることで、保障の見直しに適している保険になっているので、ベストスタイルの保障見直し制度を使って毎年保障内容を見直すことも可能です。
解約せずに保障内容を変化させながら、一生涯ベストスタイルを継続することも可能でしょう。

保険料シミュレーションしてみました

この保険は10年ごとに更新が来ます。
例えばですが、この記事を書いている時点でシミュレーションをしてみると
・契約年齢 30歳
・病気・ケガの保障を重視
・がんの保障を重視
・重度疾病の保障を重視
・将来要介護となった場合の保障を重視
・定期保険特約3,000万円の死亡保険金
の場合
月掛保険料が口座振替料率で
30歳:16,000円台 40歳:25,000円くらい
50歳:44,000円台 60歳:77,000円台 
と、値上がりしていきます。

更新と保険料の高騰

まぁ、30歳で将来の要介護を考えた保障を作るというのはやり過ぎ感があるので、少し無理がある見積もりですが、保険料例としてはわかりやすいと思います。

30歳と50歳の月額保険料を比較すると割高感が否めません。もちろん高齢になれば病気の危険が大きくなるので保険利用が値上がりすることはわかりますが、それでもやっぱり2.7倍弱の比率は大きいです。
さらに30歳の時の保障内容そのままで60歳になると、かなり強烈な保険料になりますね。

年代と必要な保障

現実的なことを考えれば60歳になって死亡保険金が三千万円も必要か?ということになりますすので
高齢になれば死亡保険を削る、あるいはベストスタイルの保険見直し制度を使って保障内容を変えれば保険料を安くできるのでしょう。

見直しても保険料が高くなるかも

ですがせっかくの保険見直し制度も、保険料的に欠点が無いわけではありません。
例えば50歳にもなると、保険金が少なくてもお金が残る終身保険を考えると思います。
もし大きな保障の定期保険を止めて終身保険を始めたとしても、終身保険は元々保険料が高いので、多分そのときの保険料は高くなるかもしれません。

ベストスタイルと、複数社保険商品

もしベストスタイルを検討するなら、最近できた生命保険会社や外資系の、保険期間が長い保険を組み合わせた保障と、ベストスタイルの複数の特約を組み合わせた保障を比較すべきだと思います。

ベストスタイルは、明治安田生命という大きな生命保険会社の信用と、複数の保険が一枚の保険証券で加入できるという利点があります。
そういった数字に表れない部分も含めて、慎重な検討をしてみるべきでしょう。

緑丸矢印 「子供が遊んでもらっている間に安心して

説明を聞くことができました。」

お子さん連れでも安心のキッズスペース

専門家の相談は何回でも無料朱二重矢印ほけんの窓口

明治安田生命の旧商品

ライフアカウント L.A.

3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険 と書いてありますので、主契約は積み立て終身保険です。
主契約である積み立て(アカウント)が、保険料払込期間満了時に死亡・高度障害の終身保障になります。
アカウントというのは積立金という意味ですが、月々支払う保険料をいったんアカウントに入れ、それを使って保険料の調整をする等の機能を持っています。

 

豊富な特約

親子3

万一のときの保障

 ・定期保険特約 ・逓減定期保険特約 I 型
日常生活制限状態のときの保障
 ・生活サポート終身年金特約
重い病気のときの保障
 ・がん治療保障特約・6大疾病保障特約
要介護状態のときの保障
 ・新・介護保障特約
入院などの保障
 ・新・入院特約・入院治療保障特約 ・先進医療保障特約・退院給付特約
不慮の事故のときの保障
 ・特定損傷給付特約 ・傷害特約
その他の保障等
 ・障害状態による特別終身特約 ・リビング・ニーズ特約 ・重度がん保険金前払特約 ・代理請求特約
ライフアカウント L.A. を1行で書くと、
「主契約のアカウントに上記の特約をいろいろ付け足したのが保障」といえそうです。

 

その他の特徴

他の会社にもありますが、ライフアカウント L.A. も見直したい部分だけを保障内容を毎年見直すことができます
特に、医療関係の保障が厚いようで
入院中の保険診療や、健康保険が効かない先進医療の技術料自己負担に手厚く対応するようです。
また、、入院中にどうしても必要な食事代や、差額ベッド代などには、入院日数に応じて保障します。
保障を見直せるということは、保障を付加することも、以前より手厚い保障に帰る事も可能になるので
保険料が極端に値上がりしないよう、気をつける必要があるでしょう。

 

緑丸矢印保険の専門家として今後も頼りにしています

という声がある生命保険の無料相談。

全国500以上の店舗、キッズスペース

保険の相談は何回でも無料 朱二重矢印ほけんの窓口


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング