生命保険 入る 加入

お金を出して生命保険に加入する目的


保険に入る目的と言われても、特に若い世代の独身方は「(保険なんて)いらねー」と思うことでしょう。
でもですねぇ、若いからこそはしゃぎすぎて大怪我をすることもありますし
本当に万が一ですが、ガンになってしまった場合など、若いからこそガンの進行が早いなんてこともあるのです。

例えば脚を骨折してしまったとき、大きな病気になってしまったときなど、若いときだからこそ貯金が少なく大きな治療費をまかなえない場合が多いのです。
国家管掌の健康保険を使える治療も、大きな病気や怪我をしっかり治すには不十分な場合もあるので
健康保険を上回る部分とか、健康保険が適用できない治療費や入院費、リハビリ費などが必要になるのです。

また、家族がいる方は、自分が病気やケガで働けなくなったときに、 生活していけるでしょうか?健康の方であれば、割安な保険料で医療保険を選ぶことができるでしょう。

入院を始め、万一死亡した場合に共通して言えるのが、「万が一のときに備ておくもの」が生命保険なのです。
話はズレますが、自動車保険などの損害保険も「万が一のときに備ておくもの」ですよね。

正直、自分がお金持ちだったり、やさしい家族がお金持ちなら保険に加入をしなくても、自分のお金とか親族のお金で全て支払えるえる方もいらっしゃいます。
ですが、入院を伴う治療や手術・リハビリなどをした場合の経済的な負担は、かなり大きくなります。

独身でなく、小さなお子さんが居る場合でも、長期入院や万が一の死亡などがあった場合、家族は生活できるでしょうか。
特に死亡してしまった場合、遺された家族、特にお子さんは大学卒業までお金の心配なく過ごすことが出来るでしょうか。

こうした将来の万が一を考え、極力少ない負担で重大な事態後の大きな支出を捻出するために、生命保険に加入するのです。

あなたの保険、保障が古くなっていませんか?

古い保障で後悔しない為にも一度相談を

専門家の相談は何度でも無料!朱二重矢印ほけんの窓口


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング