保険金 使い方

生命保険の保険金・給付金の使い方は自由!


保険金・給付金の使い方はこんなにも自由
終身保険や定期保険などに加入していて、被保険者(保険が掛かっている人)が死亡した場合は死亡保険金が保険会社から支払われます。
また、あまり知られていませんが、両眼の視力が全くなくなって回復の見込みが無い場合や両足が全く使えなくなって回復の見込みが全く無いなど
いわゆる「高度障害状態」になった場合も保険金が支払われます。
死亡保険ではない医療保険やガン保険などは、保険金ではなく「給付金」が保険会社から支払われます。

実は保険会社から支払われるお金はほとんどが自由に使って良いお金なのです。
例えば、不幸にも夫が他界して死亡保険金を5,000万円受け取れたとして、豪遊に使う人も居るくらい、保険金の使い道は自由なのです。

やっぱり万一の備えとして使いたい
でも、保険金や給付金を遊びに使うのは不謹慎ですよね。
やっぱり保険金などは万一の危機が来た時を見越して設定して、自分や家族を守るために使いたいですよね。
例えば共済や簡易保険では無い、生命保険会社の死亡保険商品には「リビング・ニーズ特約」という無料の特約が付加できます。
この特約は、例えば被保険者がガンなどで余命半年以内と確定診断された場合、3,000万円を上限として保険金の全額股は一部を、被保険者が存命中に受け取ることが出来る特約です。
3000万円が手に入ったとしても余命半年では意味が無いよ。
と思うかもしれませんが、例えば余命半年でもガンの撃退を目指して、医療大国であるアメリカに行って最先端の治療を受けることも、3,000万円があればできるかもしれません。

また、医療保険の日額給付金は仕事を休んだ分生活費が減る自営業の場合など、あらかじめ入院給付日額給付金を高く設定し
医療費と「生活費」の両方をまかなうようにしておいてもいいのです。

保険料、なんとか抑えたいですよね?

まずは専門家に無料相談朱二重矢印ほけんの窓口

 


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング