生命保険 加入しない

こういう人は生命保険の必要がありません


保険金を遺す気が無い人
生涯独身を貫く予定の人は、死んでしまっても保険金を遺す必要が無いので、定期保険などの保険料が無駄になるでしょう。
死んだときの保険金は考えず、老後に向けて貯蓄するか生命保険会社の個人年金に加すべきでしょう。

生命保険が馬鹿らしいと思う人
医療保険などは入院日数の短期化で受け取る金額が少なくなる傾向になっています。
例えば、入院1日1万円給付、一入院に付き60日限度の場合、入院給付金は最高で60万円です。
ですが最近の医療保険は月額保険料の安さと生涯変わらない保険料を売りにしていますが
生涯変わらない保険料というのは死ぬまで保険料を払い続けるという意味でもあるので
支払い保険料が月額5,000円だとしても40年払い続ければ240万円も保険料を支払うことになります。
これでは医療保険がばからしく見えてしまい、医療保険の加入を考えない人も出てくるでしょう。

貯蓄や現金等価物を十分所持している
医療保険ネタが続きますが
例えば医療保険は、貯蓄が300万円以上あれば加入の必要が無いなどと言う人も居ます。
なぜ300万円かというと、万が一ガンになった場合の先進医療の技術料が300万円前後なのです。
本当は先進医療の技術料の技術料以外にも入院に関する費用や、国の健康保険が効く治療費などの費用が必要なので
実際は400万円ほどあれば医療保険に加入する必要は無いかもしれません。

不要な保険を教えてくれますよ

無料で専門家に相談朱二重矢印ほけんの窓口

 


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング