保険料 安く

保険料の払い方で保険料が安くなる !?


月、半年、一年
生命保険の保険料の支払い方法は
毎月保険料を支払う「月払い
半年に1回保険料を支払う「半年払い
一年に一回保険料を支払う「年払い
があります。

保険会社からすると、毎月少額を払うよりも半年ごとにまとめて払ったり、一年分を一度に払ってくれた方がありがたいので
保険料の総支払額は、月払いよりも半年払いが安く、さらに半年払いよりも年払いのほうが安くなります。

年払いより安くなる方法あります
いまひとつわかりにくいのが
一時払い

全期前納払い
です。
一時払いは、例えば保険料毎月払いなら120回支払うところを、保険料120回分をまとめて一回で支払う方法です。
全期前納払いは、例えば保険料毎月払いなら120回支払うところを、保険料120回分をまとめて保険会社に「預けます」。
保険会社は預けられたお金の中から毎月保険料を受け取る支払い方法です。

一時払いは、120回ローンを一回払いで済ませた
前期全納は、120回ローンの全額を保険会社に預けた
という違いがあります。
ですので前期全納よりも一時払いが保険料総額は安くなります。

ただし一時払いは大きな欠点があります。
例えば生命保険加入後10ヶ月で、被保険者(保険を掛けられた人)が死亡した場合、残りの110ヶ月分の保険料は戻りません。
その点、前期前納払いは残りの110ヶ月分の保険料の返還があります。

緑丸矢印 保険を安くしすぎても保障が薄くなります

無料相談で理想的な保険にしましょう。

朱二重矢印ほけんの窓口


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング