生命保険 転換

生命保険の転換は不利益?


保険の下取りというと聞こえは良いが

保険の転換というのは、生命保険に既に契約(加入)して継続中の生命保険を、ある意味下取りに出して新しい生命保険に変えるというのが生命保険の転換と言えるでしょう。

よくある話が、生命保険会社の営業が訪ねてきて
例えば
●あなたの生命保険の更新が来たので、今のままの古い保障内容ではなく新しい保障内容の保険にしませんか?
とか
●今の保険は保障が大分古くなってきて、最近流行の保障がありません。良ければ今の保険を下取りにして、新しい保障を今と大して変わらない保険料で加入しませんか?

などと言うのが保険の転換への誘い文句です。

転換時に問題になるのが
新しい保険を契約するので、古い保険は消滅する ことなんです。
さらに
元々加入していた保険を下取りに出す
→下取りと言うことは、加入中の生命保険を等価価値で買い取ってくれるのでなく、ある程度価値が減額されて新しい保険の保険料の一部に充当されると言うことです。

というと、上記の
今の保険を下取りにして、新しい保障を今と大して変わらない保険料で加入しませんか?
という文言は
今の保険は価値を減らして下取りしますので、新しい保障の保険料に充当しても保険料は大して安くなりません。
とも言い換えられます。

緑丸矢印 安くする組み合わせが大切です

専門家が、あなただけのプランをアドバイス

無料相談ができる500以上の店舗

朱二重矢印ほけんの窓口

保険の転換の裏側

さらに問題なのが、特にバブル期以前に契約した終身保険や養老保険などの解約返戻金がある保険
凄く利率(金利)が高い物が多いのです。
これから先も保険料を払い続けていれば、今発売されている低利率(低金利)の終身・養老系の保険を遙かに超える解約返戻金が見込めます。
ですので、利率(金利)が高い終身保険などを下取りに出して消滅させて
最近の低利率(低金利)の終身・養老系の保険にしても、たいした解約返戻金が望めない場合もあるのです。というか、望めません。と断言した方が良いかもしれません。

では、なぜそんな契約者にとっての不利益をわざわざ生命保険会社の営業がやりたがるのかというと
保険会社の都合
高金利な保険商品を維持し続けるのは、昨今の不景気もあって保険会社にとって凄く負担で邪魔だから、契約数を減らさず低金利商品に切り替えてくれるのはありがたい
生命保険会社営業の都合
転換は新規契約と同じ成績が付く。
金利が不利になることを伏せれば、既契約者というハードルの低さもあり、乗り換え商品のメリットをゴリ押しして比較的楽に新規契約が取れる
初対面の人にゼロから新商品を売るより何十倍も楽な商売になり、成績が取れる。

という、裏事情めいたものがあります。

保険相談が無料。今です! 黄緑右ほけんの窓口黄緑左

転換はメリットも…ある

上記は悪い面ばかり注目していますが
例えば古い終身医療保険の場合
かなり昔の医療保険で、5日以上入院しないと保険金が出ない保障は不便なので
解約返戻金の減額は承知の上で
今流行の、日帰り入院でも保険金や給付金が出る医療保険に切り替えるのなら納得出来ます。

古いガン保険は、あくまでガン保険なので「上皮内新生物」の手術で保険金が出ないこともあります。
また、最近よく見かける「先進医療特約」という、一回数百万円もする最新治療の技術費に対応した特約も無いのが当たり前です。
それを、極力少ない負担で最新のがん保険に乗り換える(転換する)というのなら理解もできます。

はっきりした理由と、ある程度損をする覚悟があるのなら転換も良いとも言えるのですが
多くの場合、転換を勧められたときは用心すべきで、まずは不利益を全て聞き出すことが肝心だと思います。

緑丸矢印 保険料が減れば育児費用に余裕が出ますね

赤ちゃん連れでも安心な店舗多数!

500以上の店舗で無料相談 朱二重矢印ほけんの窓口


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング