リビングニーズ 特約

保険料ゼロ円です。

リビングニーズ特約というのは、無料で付けられる特約です。保険料ゼロ円です。
今なら無料でリビングニーズ特約が付けられます。みたいな文言の保険の勧誘文を見る気がしますが
かんぽとか共済では無い生命保険会社の死亡保険でしたら当たり前に付けられる無料特約です。
かんぽと共済の保険は元々リビングニーズ特約が存在しないようです。

リビングニーズ特約と保険の消滅

リビングニーズのどこが良いのかというと
余命半年以内と医師に確定診断されたら、死亡保険金のうち上限三千万円を生きている内に受け取ることができるんです。

例えば死亡保険金5000万円の定期保険に加入していた場合、医師に余命半年以内の診断を受けたら
リビングニーズ特約を使って上限の三千万円を、保険会社から、被保険者本人が受け取ってもまだ保険契約は消滅しないので
残りの保険金2000万円は、本人の死後にその保険の契約時に記載した保険金受取人が受け取ることになります。

また、例えば死亡保険金2000万円の生命保険に加入していた場合、上限三千万円までの受け取りなので、2000万円をリビングニーズ特約で受け取ると、その生命保険契約は消滅します。
さらに例えば、死亡保険2000万円でしたら、1500万円を被保険者本人が生きている内に受け取って、残りの五百万円は被保険者本人が死亡後、あらかじめ指定されていた保険金受取人が受け取ることも出来ます。

リビングニーズ特約で受け取ったお金は、保険金の前受けになるので非課税です。

これが本題!リビングニーズ特約の使い道

 

リビングニーズ特約で本人が受け取った保険金は、何に使ってもかまいません。
もともと、生命保険の保険金や給付金は何に使っても良いのです。
多くの人はいわゆる「終活」に使うようです。

 

話が少しずれますが、医療保険やがん保険などで受け取った入院給付も手術給付も、医療費を支払っても余るようなら生活費に使っても良いですし
退院後、退院お祝い旅行に使ってもいいのです。
管理人は、例えば医療保険やがん保険の日額給付は、事務仕事のサラリーマンなら日額一万円で十分だと思いますが
運送業など、日給月給的な肉体労働サラリーマンや派遣社員さん、バイトの人は、入院している限り稼ぎが無いので日額二万円以上が妥当だと思っています。

 

話を戻して
リビングニーズで受け取ったお金は、まぁ、余命半年以内と診断されていることを考えれば
ホスピスに入居するのもいいでしょう。
例えば日本の健康保険治療の範囲で治らなかった病気を、アメリカで開発されたばかりの治験を受けに渡米するのも良いと思います。
また、死んで借金を残したくないからと、リビングニーズ特約でもらったお金を借金完済に使って思い残すことの無いように身辺整理するのもいいでしょう。
どうせ死んじゃうんだからと、ある意味死ぬまでに必要な最小限の医療費を取り置きしてから、残りのお金で豪遊して果てるのもいいのです。

 

リビングニーズ特約に欠点があるとすれば、被保険者本人が死ぬことを覚悟しなければいけないことでしょうか。
ですが、リビングニーズ特約を使えれば、思い残すことが少なくなることは確実では無いでしょうか。


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング